無職でもキャッシングは受けられるのか

キャッシングの申し込みでは、かならず職業を記入する欄があります。
働いていない場合、「無職」と記入して審査に通るのでしょうか?

 

・職業欄に何と書くのか

職業欄に何と書くのか

職業を聞かれる理由は、どんな仕事をしている人かという人物判断ではなく、どんな形態の収入があるのかを見られています。
たとえば会社員なら毎月の給料があるし、店舗経営なら毎日収入があると判断されます。

 

無職というのは収入がないということで、収入がない人には返済能力がありません。
返済能力のない人にお金を貸すキャッシング業者はいません。

 

したがって、「無職」と書くと審査は通りません
インターネットから申し込むと、職業欄にチェックを入れるようになっていますが、「無職」という項目はないのです。

 

・原則として収入証明書は不要

原則として収入証明書は不要

正社員や非正規社員でも会社員であれば一定の収入があると判断されます。
そのため、会社員であれば原則として収入証明書は必要ないと思っていいでしょう。

 

しかし、アルバイトやパート、在宅ワーカーなどだと収入証明書の提出が必要だと考えたほうが良いでしょう。

 

よく無職でもキャッシングが受けられる裏技とかを見かけますが、これは当てになりません。
たとえば実態がないのに「自営業」と書いても、収入証明書を要求されたらアウトです。

 

向こうもプロです。
嘘はかならずバレるようになっているので、正直に書かないといけません。

 

・無職ではダメ

無職ではダメ

無職の場合は、まず収入の道を探りましょう。
会社勤めが理想的ですが、すぐには難しいなら、パートやアルバイト、在宅ワークも立派な職業です。

 

会社員に比べると収入が少なく、不安定なので審査のときに不利ではありますが、無職ではありません。

 

収入証明書として給与明細を保存しておき、要求されたら提示できます。

 

・質屋でも借りられる

無職で、仕事を探す前にお金が入用になったら、最後の手段として質屋があります。

 

担保としての質草が必要なので、無担保ローンとは言えませんが、身分証明書と質草だけあればその場で貸してくれます。

無職がキャッシングで借り入れするには?

・無職の種類と生計

無職の種類と生計

無職とは、一般的に賃金を得るための仕事についていない状態の人をいいます。
とはいえ、専業主婦、失業者、求職者、就職浪人、ニート、家事手伝い、年金生活者など、さまざまな人がいますので、一概に無職と行ってもいろいろいるのです。

 

無職にも、就職の意思がある人とない人がいるということです。

 

さて、無職の人がお金に困ったらどうしたらいいのでしょうか。

 

親に借りることができればいいのですが、それがうまくいかない場合、別のところから借りる必要があります。

 

それが、銀行のカードローンです。

 

・無職でも借りられるカードローンのポイント

無職の種類と生計

無職でも借りられるカードローンや、審査の甘いカードローンを使って、キャッシングをするポイントを見ていきましょう。

 

まず、条件を知ることが大切です。

 

20歳以上65歳未満、安定した収入があること、外国人の方は永住許可があること、本人以外に収入があればOKな場合もあります。
例えば配偶者に安定した収入がある専業主婦や、不労所得のある人などです。

 

例えば専業主婦がみずほ銀行などの銀行で借り入れする場合は、とくに配偶者への連絡はありません。

 

配偶者の信用情報の確認のみ行われますが、保証人になるわけではないので安心して下さい。

 

・無職の人は銀行系のカードローンで借りる

なので、銀行系で借りましょう。
消費者金融は収入の1/3までという総量規制があって、年収の1/3までしか貸付できません。

 

収入のない無職の人には借り入れが出来ません。

 

よって、銀行系で借りるのが必要となります。

 

また、多くの金額を借り入れられると期待するのはやめましょう。
無職の場合は、せいぜい10万〜30万が目安です。

 

月々5000円程度の返済額におさえるのをおすすめします。

 

・専業主婦以外の無職の場合

専業主婦以外の無職の場合

専業主婦以外の無職は注意が必要です。

 

学生でも結婚していなければ配偶者がいないので、配偶者に収入があることが条件の銀行のカードローンでは借り入れできません。

 

とにかく仕事をみつけることが大切です。
仕事さえみつければ無職ではなくなりますし、収入ができるので借り入れが不要だったり少ない希望額で済んだりします。

 

・無職でも借りられるカードローン

無職でも借りられるカードローン

専業主婦は無職ですが、配偶者に安定した収入があれば、カードローンの契約が可能です。

この場合、配偶者に連絡が行くことはありません。

 

あくまでも借り入れをする本人の与信が審査の対象になります。
本人の与信の中に配偶者の収入が含まれるということです。

 

しかし、全く収入のない無職の人がキャッシングするには、臨時でも短期でもいいのでなんでも良いから仕事につくことが大切です。
パートでもアルバイトでも在宅ワーカーでもとにかく収入がある状態にすることが必要です。

 

そうすることで、キャッシングを利用することができるようになります。

 

融資を受けたら返済することが必要です。
融資による借り入れは借金です。

 

これを忘れると多重債務者になってしまいますので、キャッシングは社会的信用につながっていることを忘れないでください。

 

がんばって無職から抜け出して、借り入れをしなくてはならない日々から脱出しましょう。

まとめ

@「職業欄」に無職はない。
A収入証明書の提出を求められる。
B在宅ワークでもOK。
C質屋で有担保の借入れを考える。