キャッシングの返済の用語

借金も少しずつ返済して行くと、いつかは完済することができます。

 

少しずつ返済するときに知って置きたいのは返済方法です。
元金の減り方と毎月の支払額が違ってくるので元利均等返済と元金均等返済の違いはしっかり知っておきましょう。

 

元利均等返済

元利均等返済

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)とは、住宅ローンや、いわゆる奨学金という名で行われている学資ローンなどの返済方式のひとつです。
元利均等方式、元利均等返済方式とも呼ばれます。

 

毎回の返済額が、返済開始から終わりまで同じになるように、利息を算出したものをいいます。

 

毎回の返済額は元金と利息の合計になりますが、返済開始から決められた期間の終了までの間、この返済額が均等である利息の算出方式のことです。

 

毎回の返済額が一定なので、無理の無い返済が出来るため計画的な利用が出来るのが利点です。
その代わり、最初のうちの返済額の利息の割合が高いというデメリットがあります。

 

つまり、元金の減り方が少ないため、完済までの期間が長くなる傾向にあります。
そのため、元金均等返済と比較すると利息総額(=返済総額)が増えるということになります。

 

元金均等返済

元金均等返済

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)とは、住宅ローン等のローンの返済方式の1つで、元金均等方式、元金均等返済方式とも言われます。
毎回の返済額が、元金を均等割にした額と利息の合計となるように、利息を算出したものをいいます。

 

このため、返済の初期には返済額が多くなりますが、元金の減りに比例して利息分が減るため、毎回の返済額が減少していくのが特徴です。
元金が毎回均等に減るため元利均等返済と比較すると、利息総額(=返済総額)が少なくなるという利点があります。
民間の住宅ローンや公庫での融資で利用されていました。

 

クレジットカードの返済

クレジットカードの返済

クレジットカードのキャッシング機能を利用した場合には、ショッピング枠とキャッシング枠を混同しないようにしましょう。

 

カード会社によって、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されている場合と、ショッピング枠とキャッシング枠が別々に設定されている場合があるからです。

 

また、ショッピングのリボルビング払いまたは分割払いとの混同にも注意です。

 

キャッシング枠の金利は、リボルビング払いの金利よりも高く設定されていることが多いからです。

 

小口ローン

小口ローン

住宅ローンや自動車ローンなど、人生の変わり目にはたびたびローンを組む必要に迫られることがあります。
ですがお金が必要になる局面とは、必ずしもそのような大きな買物だけではありませんよね。

 

給料日前なのに急な飲み会が入ってしまったり、引き落としの直前で口座に残高がないことに気づいたり……。
ほんの数万円ほどのピンチだったとしても、一歩間違えると大きなトラブルに発展しかねないことを考えると馬鹿にはできません。

 

そんなとき、インターネットなどで検索すると「小口ローン」などのサービスがヒットすることがあります。
あなたは「小口ローン」がどのようなサービスかご存知ですか?

 

少額の借り入れは「小口ローン」

なんのことはありません。
「小口ローン」とは、融資の額が1万円?10万円ほどの少額のローンのことを指します。

 

一般的には「キャッシング」「カードローン」などの方が通りがよいかもしれません。
少額の融資の場合、大口の融資よりも審査に必要な書類が少なく、金融会社の店舗へ出向く必要もありません。

 

電話やインターネットから申し込み、そのままネットでのやり取りや無人契約機だけで簡単に契約を済ませることが可能です。
その手軽さの代わりに、金利は住宅ローンなどと比較すると非常に高く設定されています。

 

そのためあまり返済を長引かせず、短期間の利用にすることがベストです。

 

各社のメリット・デメリットを見極めよう

「小口ローン」を提供する金融会社は数多く存在しますが、その業態によって貸し付け条件や金利、サービスなどが異なります。

 

たとえば、消費者金融系のキャッシングは金利が高い傾向にありますが、かねてから融資の早さに定評がありました。

 

現在では、平日午前中に申し込みが済み、審査内容さえ問題がなければ当日中に現金を引き出すことが可能になっています。

 

また、最近は利用者の増加に伴い各社競争が激化し、付加サービスが充実化していることも特徴として挙げられます。
初回利用であれば最初の1ヶ月は利息が0円になるキャンペーンなど、大手銀行では難しいきめ細かなサービスを展開しているところも増えています。

 

うまく使えばメリットの多いサービスを受けられるはずです。

 

一方、銀行系のカードローンは、審査が厳しい反面、その多くが消費者金融系の金利よりも低めに設定しています。

 

とはいえ、かつてほど手続きに手間取ることはなくなってきており、審査の結果だけなら申し込みの当日中に連絡がくることもあるほどスピーディになってきています。

 

また、消費者金融とは異なり貸金業法で定められている総量規制の対象外となるため、収入のない専業主婦でも配偶者に定収入があれば融資を受けることが可能です。

 

返済方法と注意すべき点

消費者金融系も銀行系も、多くの場合利用ごとの返済ではなく限度額を設定して何度でも借り入れすることが可能になっています。

 

また、返済方法はリボルビング方式を採用しているところがほとんどです。

 

リボルビング方式は、借り入れ残高がある限り返済がずっと続いていきます。
月々の返済が少なく済むのは助かりますが、長期的には余計な利息を払ってしまうことになります。

 

返済前に次の借り入れができるのは便利ではありますが、少額融資といえども気づけば利息の支払いだけで精一杯になってしまう危険性もあります。
無理のない範囲で、できるだけ早めに返済していくことが賢い利用の秘訣です。

 

ペイデイローン

ペイデイローン

キャッシングについて調べていると「ペイデイローン」という言葉を目にすることもあるかもしれません。

 

興味を持ったとしても実際に利用することはほぼないといえるでしょう。

 

 

なぜならば、「ペイデイローン」とはアメリカの一般的なローン形態を指す言葉だからです。

 

給料を担保とした少額ローン

「ペイデイ(pay day)」とは英語で給料日のこと。
つまり、「ペイデイローン」とは次の給料を担保として融資をする短期少額のローンなのです。

 

アメリカでは給料が2週間ごとに支給されるのですが、このローンの主な利用者とされる低所得者層の人々は2週間ごとの生活費を前借りしていくことでなんとか生計を立てている状況だといわれています。

 

「ペイデイローン」の問題点

とはいえ、2週間でローンを返済していけばよいように思ってしまうかもしれません。

 

ですが、「ペイデイローン」は金利が非常に重いことで知られています。
もちろんアメリカにも条例などによって利息の上限が10%程度に定められています。

 

しかし、「ペイデイローン」を利用すると、現金の貸し出しの際に商品券が一緒に渡されます。
返済時には元金と利息のほかに、この商品券分も加えて返済しなければなりません。

 

この商品券、実は実際には使えない紙切れなのです。
そのため、実質的には何百%もの年利を支払っていることになってしまいます。
そのような悪徳ローンなら利用しなければよいという意見もあるかもしれませんが、与信に不安のある低所得者層の弱みにつけこんだローンゆえに社会問題化しているという実情があります。

 

日本にはこのような仕組みの合法的な金融商品は存在しませんが、ヤミ金融となると話は別です。

 

違法業者は、さまざまな抜け道で高金利の貸し付けをしようと画策してきます。
どんなに資金繰りに困っていたとしても、明らかに違法な業者にはかかわらないようにするべきでしょう。

 

返済の用語記事一覧

アドオン返済

アド・オン方式(add-on)とは、利息の表示方法の一つです。クレジットカードの場合は、手数料を意味します。借りたときの元金に対し「上に乗せる」(add-on)やり方で金利を算出する方法です。お金を借りたり、クレジットカードで商品を買い求め、分割支払いで各月一回の決まった金額を返す時などに取り入れら...

» 続きを読む

キャッシングの元金均等返済

元金均等返済元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)とは、住宅ローン等のローンの返済方式の1つで、元金均等方式(がんきんきんとうほうしき)、元金均等返済方式(がんきんきんとうへんさいほうしき)とも言われます。毎回の返済額が、元金を均等割にした額と利息の合計となるように、利息を算出したものをいいます。...

» 続きを読む

キャッシングの元利均等返済

思い立ったときにすぐ借り入れできるキャッシングは、日常生活でも強い味方になってくれる存在です。ですが、審査に受かるかどうか、そしてどれほどの額を借り入れできるかばかりについつい気を取られてしまいがちでもあります。キャッシングは気軽に利用できる一方で、しっかりと返済プランを立てておかなければ後々大きな...

» 続きを読む

キャッシングの残高スライド返済

「残高スライド返済」とは、毎月の返済金額が、借入れ残高にあわせて変わる方式のことです。多くの消費者金融が、「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。1カ月ごとに一定の金額を返す「リボルビング支払い(リボ払い)」は、借り入れ金の残高が高くなっていくと、決まった金額を支払いしているのみでは元金が...

» 続きを読む

クレジットカードの返済

突然の飲み会などで急にお金が必要になったとき、それもどうしても現金が必要になった時、あなたならどうしますか?即日融資を行っている消費者金融のキャッシングを頼るのもよいかもしれません。でも、既にキャッシングカードを持っていない限り、それが夜間や土日祝日というタイミングだと当日中お金を借りることは困難で...

» 続きを読む