返済方法について

返済方法について

キャッシングは、借りたときは現金を手にして嬉しくなりますが、これで終わりではありません。

 

借りた瞬間から返済の義務が発生します。

 

返済方法

返済方法

借りるときには、返済のことも考えておかないといけません。

 

キャッシングの返済方法は大きく分けて2通りあります。

 

1.預金口座から自動引き落とし

この方法は、「約定返済(やくじょうへんさい)」といいます。

 

毎月決まった返済日に銀行の口座から一定額が引き落とされる方法です。

 

2.好きな時に返済

好きな時に返済(任意返済または随時返済)

自分の都合のいい時に、一部でも全部でもいいので返済します。

 

この方法は、「任意返済(にんいへんさい)」または「随時返済(ずいじへんさい)といいます。

 

2つのうち好きな方を、契約のとき自分で選んで返済するようになっています。

 

お金に余裕があるときは、2.の任意返済をするといいです。

 

全額返済すればそれ以後の利息はかからないので、全体の返済額は少なくて済みます。

 

余裕がないときは、何もしないでいると1.の方法で自動的に引き落としされます。
したがって口座の残高に注意しておかないといけません。

 

この場合は引き落し日までの利息が一杯にかかるので、全体の返済額は多くなります。

 

■任意返済の仕方

任意返済の仕方

任意返済するときは、どうやって返済金を支払うかで色々なやり方があります。

 

・自社または提携ATMから入金
・銀行振込で送金
・店頭で支払う
・WEB返済

最後のWEB返済というのは、キャッシング業者のサイトにログインして、ネットバンキングを使って支払うものです。
自宅からできるし、キャッシング業者の口座番号を知らなくてもできるので便利です。

 

以上の中から、その都度自分に一番都合のいい方法を選んで返済することができます。

 

まとめ

@返済方法も考えておく。
A約定返済と任意返済。
Bネットバンキングで返済という方法もある。