プロミスカードローン体験談

プロミスでカードローン、借りたはいいけれど

私はプロミスでお金を借りたことがあります。

 

プロミスでの借り入れ金額はトータルで20万円でした。

 

カードローンにしてはそれほど大きな額ではないようなのですが、私にとっては大金です。

 

プロミスは、担保も保証人もなく、お金を貸してくれます。

 

それはいいのですが、返済がリボ払いなのでとても大変です。

 

私はプロミスで借りて、とても返済に苦労しました。

 

リボ払いなので、毎月の金額は少ないのですが、返済が終わらないのです。

 

最低額の1万円で返済をしていたので、金利もとても多く、困っていました。

 

毎月の負担は少ないものの、明細を見てみると、金利にばかりお金が取られていて、全然元本が減っていません。何ヶ月たっても、全然元本が減っていかないのです。

 

しかも、滞納してしまった!

 

私はプロミスの返済には、口フリという名前の口座振替を使っていました。

 

一度だけ、プロミスの返済を滞納してしまったことがあります。

 

口座引き落としの金額が足りなくて、引き落としに失敗したのです。

 

すぐさま、プロミスからメールが来ました。

 

遅延損害金のこととか、振込先とか、そういったことが書いてありました。

 

そのため、すぐに対応して、なんとかブラックリストは免れました。

 

これは、3回やるとやばいと聞きますので、もう二度と延滞はしないと心に誓いました。

 

信用情報には、毎月の返済記録が掲載されるそうです。

 

そして、毎月、うまく返済しているか、延滞してしまったかがひと目でわかるそうです。

 

そして、3ヶ月連続で延滞すると、異動情報というところに載せられます。

 

これがいわゆる、「ブラックリスト」で、それ以上カードを使えることはありません。

 

他の会社のカードローンも契約不可になり、クレジットカードも作れなくなります。

 

そのため、延滞は非常に危険で、知識をつければつけるほど、私は延滞だけは二度としないようにしようと心に誓いました。

 

将来的には住宅ローンなども借りられなくなるようです。

 

そうなると一大事なので、3ヶ月以上の延滞は厳禁です。

 

完済までの道のり

 

完済までは、とても苦労しました。

 

しょうがないので徹底的に節約しました。

 

携帯電話をPHSに変えて、月1000円で済むようにしました。

 

それから、水シャワー。お風呂のガス代がもったいないので、水でシャワーを浴びるようにしました。

 

これは、現在でも続けています。慣れると意外と健康的でいいですよ。

 

食事も自炊していなかったのですが、パスタをよく食べるようになりました。

 

パスタはとてもいろいろなソースが売っていて、美味しく食べられました。

 

それで食費を徹底的に削って、日常の生活費を8万円程度に収めることに成功しました。

 

給料は手取り18万円ですから10万円が余ります。

 

リボ払いは1万円の設定だったのですが、それをそのままにして、残りの9万円を貯金しました。

 

実際には、他社からの借り入れもかなりあったので、残りの9万すべてがプロミスの返済に使えたわけではないのですが、それでも9万あれば、だいぶ返済は楽になります。

 

リボ払いの金額はそのままに、自分で貯金して、まとまった額が貯まったら、繰り上げ返済しました。

 

何度かそれを続けているうちに、元本はガンガン減っていって、そのうち完済となりました。

 

完済となってからは、増枠しませんか?という電話はかかってきません。

 

一度延滞してしまったので、許してもらえないようです。残念です。

 

これでプロミスと契約できたので、またプロミスで借りてみようと思います。

 

まとめ

・リボ払いの支払額を少なくすると、返済が終わらないので注意!
・滞納は3ヶ月でブラックリスト入り
・繰り上げ返済を使って、上手に完済しましょう